病院で働く人達

これをご覧の皆さんの中で、今までに病院に言ったことのない人は恐らくいないかと思います。従って医療の世界のプロではない皆さんでも、病院の中がどんな風になっているかについては、大体の想像はできるでしょう。ここでは病院の中がどんな感じなのかについて紹介していきます。
言うまでもなく病院では多くの人が働いています。所謂大型の総合病院となればなおさらです。では病院ではいったいどんな人たちが働いているか、皆さんには想像ができますか。医師や看護婦、看護婦の男性版ともいえる看護士、それに薬剤師といったところなら誰にでも想像できるかと思います。ですが実際に病院で働いている人は決してそれだけにとどまりません。まずは病院で働いている人たちを取り上げて紹介していきます。

病院の仕事は専門職と呼ばれる職種と、そうでない非専門職とに分けることができます。まずは専門職ですが、このカテゴリーには私達がよく知っている医師や看護婦、看護士や薬剤師だけが含まれるのではありません。例えば病院ではレントゲンが使われます。そのレントゲン には放射線技師の存在が欠かせません。また病院で行われているのは何も医師や看護婦らによる医療行為だけではありません。病院では「食」の面からの医療や健康へのアプローチが行われています。昔から「医食同源」と言われるように、健康な生活には健康な食生活が欠かせません。生活だけではなく、病院でも医療でも同じことが言えます。従って病院には栄養士の存在が欠かせません。病院で主に入院患者に対して出される食事は、言ってみれば栄養士が専門の立場から厳選したものです。これら放射線技師や栄養士以外にも、医療福祉士等病院では専門の資格を持った人達が働いています。いずれもそれぞれの専門の立場から病院での医療行為に対して貢献しており、言い換えれば私達が病院に行って診療を受ける場合、その恩恵は何も直接的に接する医師や看護婦だけからではなく、こうした専門のスタッフ全てから、表に裏に得ているわけです。

滅菌装置のキャリブレーション
滅菌関連設備の設計施工、IQ・OQ、アフターサービスまでトータルサポート致します。

ちなみにここで紹介した職は「先生」と呼ばれることが多いようです。またこうした専門職につく人たちで、人数の方向から言うなら一般的には看護婦が一番多くなっています。 専門職は紹介した後は、今度は非専門職について紹介しましょう。病院で働いているのは、診察室や病棟等の施設内を行ったりきたりして働いている人たちではありません。特に大いな病院の中には事務室とも言える場所があって、その中で事務仕事をしている人達もいます。こうした人達が非専門職である一般事務員です。所謂「医療事務」に従事する人達です。非専門職には他にもあります。例えば看護助手、或いは病院内の各施設の掃除や、力仕事を担当する人達もいます。またこうした人達も患者に接するケースとて少なくありません。医師への転職や医師求人に関する広告に目を通している人にとっては、こうした業種の求人や情報が掲載されているのを見たことがあるかと思います。言うまでもなくこうした人々も病院の運営には欠かせない人達です。また最近は病院にも多くのボランティアがいて、それぞれの仕事を全うしているようです。

いずれにせよ、病院で働く人達は、決して私達が真っ先に想像するような、所謂白衣を着たいろいろな分野の専門家だけではありません。そしてそうした人達による様々なアプローチからのサポートによって私達は病院で快適かつ適切なサービスを受けることができているのです。皆さんが今後何かの理由で病院へ行く機会があったら、病院の隅々でいろいろな業務に従事する人達の姿に目を向けてみるといいでしょう。そうすることで、病院に関してまた違った一面が見えてくるかもしれません。

Favorite

ポロラルフローレンの通販

大阪の産婦人科

貴金属高価買取価格なら自信があります!相場限界で金プラチナ製品を手数料なしで売却出来ます。

貴金属の買取相場を知る